歴代皇帝御用達中国茶専門店、有機・低農薬中国茶
馨香トップ 商品一覧表 買い物かご お支払い・送料 店長の部屋 会社概要
>>全国一律送料530円、5000円以上で送料無料!
中国茶器〜景徳鎮陶磁器
 
歴代皇帝御用達名茶
・高級十大名茶
・中国伝統名茶
・有機工芸茶
・有機・減農薬名茶
・中国茶六大分類
 
健康中国茶
・保健茶
 
高級中国茶器
・景徳鎮陶磁器
・宜興紫砂茶器
・ガラス茶器
 
店長紹介
中国伝統十大名茶馨香店長の秦 国力です
店長の秦です。本当に美味しいお茶は身体にも良い影響を与えてくれます。本物を皆様に!わたしのこだわりです。
→店長の部屋へ
 
コラム
・中国茶仕入の旅
 
トップ高級十大名茶>君山銀針(黄茶)
君山銀針
 
君山銀針の産地 何と、年間たったの200kgしか製茶できない、黄茶を代表するお茶です。

湖南省洞庭湖に浮かぶ君山(ジュンシャン)という小島(東京ドームの5分の1の広さ!)で1000年もの昔からつくられているお茶です。君山公園中のお寺にある碑文の記録によると、君山銀針(ジュンシャンインジュン)茶の原木の種はその昔、舜帝が南巡する時、皇帝の愛妃のために種を君山公園中にある島に植えたのが始まりだそうです。
史料文字の記録によると、唐代では君山でお茶を産することを明らかに記載されています。中国では著名な《中国銘茶誌》は、清時代に24種類の銘茶を記載していますが、「君山銀針」はその24種類の銘茶中の1つとされています。しかし、アヘン戦争(1839〜42年)がぼっ発し、茶園や生産基地に大きな打撃を与え荒廃させてしまいました。中華人民共和国建国以後は政府によってお茶の栽培が重視されたため、「君山銀針」茶も復活されました。1954年、君山銀針はドイツのお茶博覧会に参加し、見事金奨を得て、1957年中国全国十大名茶の1つに決められました。
茶葉はまっすぐに伸びていて、大きさ、長さなど平均です。白く繊細な毛は鮮やかで、茶葉の色が金色になっています。そこのため、君山銀針は別名“金鑵玉”の美称もあります。現在でも年に200kg程度しか製茶できないので、大変稀少価値の高いお茶です。
 
馨華のこだわり1
「君山銀針」は、君山公園の外周辺でも多く栽培されていますが、本物の名前を称することができるのは、この公園内基地で作られている茶葉のみ。当店では大変稀少な茶葉を数キロのみ仕入れています。味わいは正直、中国茶を幅広く飲み慣れている方が思わずうなずく美味しさで、レベルが高い名茶と言えます。日本で、いや中国国内でも入手困難なこの名茶を、是非一度お試しになりませんか?古来より皇帝が珍重された名茶の奥深さが、ここに集結しています。
毎年、清明節(4月上旬)の3、4日前に一芯一葉で摘まれます。ぶっくりした羽のような白毫がある黄金色の茶葉が特徴です。香りがとっても爽やかで、甘く芳醇な味わいです。
お湯の中で茶葉は始めすべて水面に突き進み、次にゆっくりゆっくり沈んでいきます。そして最後にはガラスの底に立つように(まるで竹の芽みたい)並びます。このような動きを3回(!)ほど往復することから、『三起三落』と呼ばれます。「君山銀針」は是非時間のある時にゆっくりと、茶葉の浮き沈みする様子を観察しながら飲んでください。心や目を楽しませてくれ、新鮮で柔らかい香りが気持ちを和ませてくれます。
君山銀針
 
馨華のこだわり2
緑色食品 「緑色食品」認定。政府の厳しい規定のもと栽培された、身体にもやさしいお茶です。
 
馨華のこの中国茶こんなところから仕入れています
 
君山銀針 君山銀針
   
これが、君山公園です。お茶の栽培は何とこの公園の中で行われているのです。信じられます?緑が多くて空気や水もとっても澄んでいて、まるで楽園のよう。お茶が美味しくなるはずです! 年間たったの200kgしか採れない銀針はとても貴重。今年も天候がよかったおかげでいいお茶が出来たそうです。因に、中国ではお茶畑のことを「基地」と書くんですって。
 
産地情報へ
 
君山銀針
君山銀針極品(黄茶)
 
【有機食品認定茶】
【原産地標認定茶】

内容量:30g
商品番号:S-030-01Z
商品価格:6,300円 (税込)
 
買い物かごに入れる
日本で飲める本物「君山銀針」も今年わずかな入荷です!

中国茶の美味しい淹れ方
[用意するもの]耐熱グラス、茶葉(3〜4g)、蓋(小皿など)、熱湯
1)温めたグラスに茶葉を入れる。
2)約85度〜90度の熱湯を最初5分の1ほど注ぎ、茶葉を軽くなじませたら、続けて注ぐ。
3)グラスに蓋をし、蒸らす。(香りが逃げないので美味しくなります!)
4)茶の芽先が上向きに浮いてきたかと思えば暫くするとゆっくりとグラスの底に沈んでいきます(これを数回繰り返す様子を是非観賞して下さい)。茶葉が沈んだ頃が飲み頃です。
※二煎目からは、前の茶水が3分の1程度になったところでお湯を加えていきます。
 
店長の「ひとことコメント」
茶葉の浮き沈みは一見の価値あり!です。中国茶でもレベルの高い黄茶、最初は飲み慣れない方もいらっしゃいますが、はまったら最後、やみつきになる美味しさです。
 
君山銀針
 

高級十大名茶 | 伝統名茶 | 工芸茶 | 通信販売法に基づく表示 | 会社概要 | トップ
Copyright (c) 2004. xin-hua Co.,Ltd. All Rights Reserved.